不動産登記

不動産登記

働き女子の知的研究部セミナー ストレスフリーな生き方の処方箋

こんにちは。司法書士岩永加寿美事務所 事務職員の石飛です。

 

今日もまた秋晴れの一日です。空気はさわやか、空は高く青く気持ちがいい日です。

でも朝晩の気温の差は激しく、体調を崩されていませんか?

年末に向けてあわただしくなっていくこの時期は、ストレスも溜まりやすいです。

そんな時期にお届けする 第16回 働き女子の知的研究部セミナーは

ストレスとどう向き合えばいい?! ストレスフリーな生き方の処方箋です

 

ストレスが避けられない現代社会

ストレスはイライラ不眠暴飲暴食だけでなく

うつなどの病気の原因にも!?

 

【症状1】とにかくイライラする・・!いつもイライラする・・!!

【症状2】落ち込んで、うつうつとした気持ちから抜け出せない・・・

【症状3】職場・家庭・友人関係にうんざり・・・逃げ出したい・・・

 

ストレスに人生を左右されるなんて!もったいない!!

もっと楽に生きられる処方箋出します

 flower2631

   ※知的研究部は、少ない人数で和気藹々とした勉強会です

    ちょっと聞いてみたい~

    もちろんその場での質問、相談もOK!(売り込み、勧誘一切ナシ)

    気軽にご参加ください! 

************ ************ 

〈日時〉平成29年11月16日(木)

    19:00~20:30(受付18:40~)

〈会場〉司法書士岩永加寿美事務所

    福岡市中央区大名2-12-12 赤坂産業ビルディング5階

〈会費〉1000円(お茶、お菓子付)

〈募集部員〉10名(お早めに!)

 

 お申し込みはお電話(092-751-2311)いただくか

ホームページのトップ画面 セミナー情報からお申し込みください。

セミナー16表

セミナー16裏

 

 

名寄帳

こんにちは。司法書士岩永加寿美事務所 事務職員の石飛です。

 

今日は秋晴れの一日でした。雲ひとつない空で、

まさに「天高く馬肥ゆる秋」を実感した日でした。

image1026

しかし、その昔中国では、北方の騎馬民族の匈奴(きょうど)が収穫の秋になると強奪にやってきたので

「馬肥ゆる秋になると必ず事変が起きる、今年もその季節がやってきた。」と

警戒の言葉として使っていたそうです。

 

さて、今回は固定資産の名寄帳についてご紹介します。

 

名寄せ帳とは、同一市区町村内に所在する土地や家屋を納税義務者ごとにまとめた一覧表のことです。

主に相続登記の際に、被相続人の所有する資産を特定するために取得します。

未登記の家屋でも固定資産税の課税対象になっていれば、記載されていることが多いです。

ただ、公衆用道路などの非課税の場合は記載されないこともあり、注意が必要になります。

 

福岡市の窓口での取得の方法です。

税証明の窓口ではなく、各区役所の課税課での手続きになります。

窓口備え付けの閲覧申請書に記入をします。本人が申請の場合は身分証明書だけでよいですが、相続人の申請の場合は、運転免許証など身分を証明するものと併せて

・被相続人の除籍

・相続人の戸籍

・両名とも記載されている原戸籍などの、相続人と被相続人の関係がわかる戸籍謄本

もし、所有者の住所移転の手続きがされていない場合は、住民票や附票などで確認されることもあります。

代理人が申請の場合は上記の他に委任状も必要です。

担当の方は区毎に検索をかけて、所有者の資産を探していきますので、

所有の不動産がはっきりしていない場合は全区探してもらった方がよいと思います。

 

閲覧は無料ですが、コピー代として枚数×10円が手数料として必要になります。

 

毎年4月1日からその年度の最初の納期限の日までの間、土地または家屋の納税者は、自分の資産の評価額と比較するために同じ区内の他の土地または家屋の評価額を縦覧することができますが、この期間は「縦覧等申請書」への記入になります。

 

また、郵送でも請求することができます。

申請書はホームページからダウンロードできますので、プリントアウトのうえご記入ください。必要書類は窓口での申請の時と同じです。身分証明書や戸籍などは写しを送付してください。

併せて手数料として料金分の郵便小為替と、切手を貼った返信用封筒が必要です。

料金は市区町村によって異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

福岡市では、

福岡市税証明郵送請求センター

 〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目10番1号市役所北別館 

への請求になります。ただ、毎年4月1日からその年度の最初の納期限の日までの間は

各区役所の課税課への申請となります。ご注意ください。

image1

 

 

 

ローン完済・抵当権抹消

Q.銀行のローンを数年前に完済しましたが、抵当権が残っていることが分かりました。

銀行に問い合わせたところ、「抵当権抹消に必要な書類はすべてお渡ししています。」と言われました。捜しても見つからないので、紛失してしまったようです。このような場合、抵当権を抹消する方法はありますか?

回答

抵当権は、抹消できます。書類を紛失した場合、銀行に書類の再発行を依頼して手続を進めることになりますが、通常 »続きを読む…

 

贈与・相続時精算課税制度

Q.先日、二男夫婦から自宅の建物も古くなっているから、建て替えて、同居しようという話を持ちかけられました。家の新築費用は二男がローンを組むのですが、この機会に土地(評価2000万円)を二男の名義にして欲しいと言われました。

贈与にあたっては、費用や税金のことなども気になります。アドバイスをお願いします。

回答

土地を二男へ生前贈与するにあたっては、65歳以上の親から20歳以上の子への贈与については、相続時精算課税制度を使うと、贈与税の算定にあたり、贈与された財産の価額から2500万円まで控除 »続きを読む…

 

登記識別情報

Q.マンションを買った時に、司法書士から受取った登記識別情報が見当たりません。盗られてはないと思うのですが、引越しの際に捨ててしまったのかもしれません。再発行はしてもらえますか?

回答

登記識別情報とは、権利を取得した際(所有権や抵当権の設定等)に不動産ごとに法務局のシステムが無作為に割り当てた12ケタの記号番号です。以前の登記済権利証とは違って唯一性(権利証は1 »続きを読む…