ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

優先席のマナーとは?

2016年03月07日

こんにちは。司法書士の岩永加寿美です。

週末は暖かかったですね。

20℃は、5月中旬の陽気

着る服に困ります・・・

 

最近気になったことをひとつ・・・

バスや電車に乗っていて思ったこと

公共の交通機関には、優先座席が設けてあります20130709_750107

ここに座りますか?

 

私は、混んでいないときは、あえての優先席には座りません。

 

混んでいる時は、一旦まわりを見回して、

お年寄りや子供連れの方や身体の不自由な方などがいらっしゃれば、座りません。

 

でも、いらっしゃらなければ座ります。

最近よく見かけるのは、通路にギュウギュウになっているのに、

優先席は空いていて

乗客が身をよじりながら乗降客の通路を空けているような状況

特に学生さに多いのが、優先席のまわりに立ちはだかって、

友達とおしゃべりしているから、全然まわりの状況が見えてない~

 

誰かが座れば、1人分のスペースが出来て、乗降もスムースに出来るのに~と思ってしまう

バスの運転手さんからも座ってもらった方が、運行上の安全も確保できるし

バスが遅れてイライラとか、満員につき乗れない(正確には満員ではない)とかは、

中に乗っている乗客の協力も必要だと思います

 

優先席は、座わらず空けておかなければならない席ではなく、

お年寄りや身体の不自由な方に譲るという条件がついた席だと思います。

 

だから、優先席に座ったらいつでも席を譲れるように、居眠りはしちゃダメ

だけど、座っていいんです。

 

まわりの状況を見て、スマートに対応出来るっていうのが、大人のマナーだと思うんですが?

どう思いますか?

 もちろん!ですが、障がい者専用駐車場に車を停めるのは、ほんの少しの時間でもNGですよ