ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

香椎宮で不老水をいただく

2015年12月15日

こんにちは。司法書士の岩永加寿美です。

昭和通りの銀杏がここ最近の雨で落ちてまるで路面は黄色い絨毯を敷いたようです。

しかし、この銀杏の絨毯は滑るんです~

皆さん、骨折には注意しましょうね

 

先日、仕事の用件で香椎宮の近くに行く機会があって、6533D9C81D154CA085E855EB838D34C3_L

早朝、待ち合わせに時間よりも早めに到着したので、本殿にお参りして周辺を散策しました~

実は、近くを通る機会は数あれど、参拝するのは初めてでして・・・

朝の綺麗な空気のなか、朱色の本殿をお詣りして、境内をぶらぶら。

立派なご神木に遭遇。ものすごい迫力に、圧倒されました

そういえば、香椎宮には日本の名水100選にも選ばれた有名な湧き水「不老水」があることを思いだし

場所を調べてみると、意外と遠い・・・・徒歩だと7~8分くらいかな?

せっかく来たので、仕事を終えてから行ってみることに・・・

仕事でご一緒した地元の方に場所を訊ねると、連れて行ってくれることに66D29134E1764E37A55644620F1658D1_L

車でショートカットしたおかげで、迷わず到着。

水場は道が細いので、車は乗り入れられず。駐車スペースなども近くにはないので要注意です

なんでもこの不老水、神功皇后のお供をしていた竹内宿禰がこの水を飲んで300歳まで生きたという伝説が

すぐ側には、その竹内家の子孫の立派なお屋敷もありました。

鳥居をくぐり敷石を進むと小さな小屋がありました。

「どうしたらいいのかな?」と思っていたら、

ちょうどそこにいた、地元の方?が柄杓でお水を汲んでくれました。

ちょっと甘みのある柔らかいお水で、美味しかったです

これで、何年寿命が延びたかな?

残念ながら、今では湧く水量が減ってきていて、

ひとりにつきペットボトル2本分(4㍑)までの張り紙がありました。

寿命が縮む思いをしたときは、ここに来たらイイかもしれません