ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

にわか「ハルキスト」になる

2016年02月12日

こんにちは。司法書士の岩永加寿美です。

先日の研修会で、どうやら風邪の菌を持ち帰ってしまったようで

乾いた咳と鼻水に苦しんでいます

この季節、人混みでマスクは必需品

油断してましたね〜

大事に至らないように、うがい手洗いをして、

おとなしくしています

昔から風邪ひくと長引くからやっかいです。

 

そんな大人しい私が久々に夢中になっているのが、読書yjimage

今年の目標の一つで、月1冊の読書を掲げて

毎日就寝前の時間を読書にあてるようにしていましたが、

遅ればせながら、いま先の展開が気になって仕方ない本

村上春樹の「1Q84」

文庫本で6冊ですが、1冊目の半分を過ぎたあたりから

面白さが加速しました。

最初は、学生運動や過激派、カルト教団のことなど

どこかで読んだような話にリトルピープルとかいう妖精???・・・と思っていましたが

最初は、全然別のところから始まった話がどんどん集約されて、交差しそうでしない

これじゃ「この先一体どうなるの~??」が止まらなくなってりまいました。

しかし、この物語登場人物全員がとても頭がよくて、台詞などが知的過ぎて・・・

その辺がまた浮き世離れした物語。

実際、1Q84は現実の1984年とは違う世界という設定だからいいのか?

ともかく、ただいま6巻中4巻目。

さらに展開が変わっていくんでしょうね。

とても楽しみです

読み終わるまでには、この風邪具合が治るといいのですが・・・

2yjimage