ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

お盆

2016年08月19日

こんにちは。司法書士の岩永事務所 事務職員石飛です。

 

祖父の初盆で宮崎に行ってきました。

酷暑の中、親戚が集まり法要がとりおこなわれました。

読経のあと住職さんのお話しがありました。

巷ではオリンピックの話題でもちきりだが、そのような中、

天皇陛下の「生前退位」についての報道がなされました。

そんな出だしのお話しですが、さらに続けられました。

 

ところで「生前」って不思議ではありませんか?と。

 

「生前」は生まれる前と書きます。

ふだん、意味としては、「存命中」として使って

「生前中は・・」など挨拶にも使いますし、生前贈与などの言葉もあります。

確かに意味と漢字が合致しません。

 

仏教においては「往生」という言葉があり、お浄土へと往き仏に成ることを目的にしているとのことです。

つまり「成仏」です。

この成仏を「生まれる」と表しているとのことで、

人として生きている間は、「生前」というそうです。

 

なにげなく使っている言葉も奥が深いのだと、改めて実感したお盆法要でした。

 
 

 obon005