ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

便利な切手

2015年10月30日

こんにちは。司法書士の岩永事務所 事務職員石飛です。

平成28年用の年賀状が発売されたようですね。
商品のラインナップも多様ですが、住所がわからなくてもSNSなどでつながっているお友達に、センターを介することにより年賀状を郵送できるサービス等もあるようです。

ご紹介したいのは18円切手です。私のブログ2回目の登場になりますが、これが本当に便利
海外グリーティング(差額用)の切手で、普通の年賀状に追加ではることによって世界中どこでも送れてしまう18円切手。
そしてデザインも可愛い

 IMG_8239

でも、便利なのはこれだけではないのです。
賛同を得られるのは同業の事務職員の方々だけかもしれませんが、
戸籍を郵送請求するときに便利です
相続関係調査の際、生まれてから亡くなるまでの戸籍を請求すると、最後の除籍のみ届いたり、全部取得できたり様々です。それはその方の市区町村を越えての転籍の有無や、請求の方法に異なってくるのですが、返信用として必要な切手が82円のときもあれば、140円かかってしまうこともあります。
通常82円分貼付した封筒を送っていますが、役所の方も心得ているので、封筒に不足分受取人払いと記載しているため受け取る際に不足分を支払ったり、後ほど所定のハガキに不足分切手を貼って投函しています。この不足分が48円だったり、58円の時が多いのです。いま8円切手の取り扱いがないため、この18円切手は重宝しています。

 

発売されたばかりですが、マニアックな切手のため入荷数が少ないようです。

去年は追加で購入に行った12月には売り切れてしまいました。
ぜひお早めに!!