ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

司法書士とは?

2015年12月01日

こんにちは。司法書士の岩永事務所 事務職員の石飛です。

 

昨日、小学校2年の子どもからこんなことを聞かれました。

彼は今、人生何度目かの「これは何?」「それはどうして?」の質問攻めの時期です。

 

「お母さんのお仕事って何?」

「加寿美先生のお仕事のお手伝いだよ。加寿美先生は司法書士なんだよ。」

「しほうしょしってなに?」

 

もちろんこの質問がくると思っていました。忙しい時間でちょっと面倒だなぁとも。

 

「まれで中華料理屋さんがあって、そこに大輔ってお兄ちゃんがいたでしょ。

その大輔の仕事。」

「????」

 

朝のテレビ小説「まれ」の柳楽優弥が演じる池畑大輔の仕事は、司法書士なのです。

ドラマで司法書士の仕事をしているシーンはほとんどありませんでしたから

わからないのも無理はありません。

でもこれで引いてくれるかなと思いましたが、やっぱり質問攻めです。

 

「わからん!!しほうしょしってなに?」

「このお家はおとうさんのものでしょう?お家がお父さんのものだと法務局ってところに届けるんだけど、

その手続をするお仕事だよ。」

 

理解したのか、していないのか・・・この後は質問されませんでした。

 

もちろんその他にも司法書士の仕事はたくさんあります。

 

司法書士は、他人の依頼を受けて、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成する仕事や、登記手続について本人を代理して行う仕事をしています。また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件を、本人を代理して行う仕事をしています。

-石川県司法書士会ホームページより

 

「ちなみに、お母さんはパソコンで書類作ったり、おつかいに行ったりするんだよ。」

これは理解できたようで、私の仕事は「おつかい」だと思っているみたいです。

fuyu05