最新情報

記事一覧へ戻る

会社実印の登録について

2017年07月20日

こんにちは。司法書士岩永加寿美事務所 事務職員石飛です。

 

会社の印鑑登録の際、印鑑届書に会社の実印を押印いただきます。

印鑑届書

 

押印の際、最も気を使わないといけないのは用紙の左上の四角の中の印影です。

この印影を登録して印鑑証明書として使うからです。

欠けはもちろん、朱の濃淡の差が著しくても登録できないことがあります。

押印ミスしてしまった場合、用紙の余白や裏に押しなおしすれば

その印影を登録することも場合によってはできます。

 

ちなみに実印として使える印鑑は

辺の長さが1センチを超え、3センチ以内の四角形に収まるもの

とあります。

代表的なものは丸型で、外側に「○○株式会社」などの社名を
内側に「代表取締役印」などの役職名を彫るタイプです。

しかし、オリジナルデザインのものでも登録できます。

会社のロゴマークを入れたりと、独創的な印鑑もつくれるようです。