ブログ「ひと葉日記」

記事一覧へ戻る

育てるって難しい~

2015年02月09日

こんにちは。司法書士の岩永加寿美です。

今日もゆるめの話題で・・・

3週間ほど前に国産のレモンが手に入ったので、今(もう遅い?)のレモン塩を作ってみることに。

レモン塩は、肉や魚、ドレッシング、タレにもできる万能調味料になるということ。

これで、料理のバリエーションも広がること間違いなし!

材料は、レモン3個と粗塩に容器があれば簡単にできるということで、早速チャレンジ!

今回もクックパッドの投稿を参考に作ってみました。

レモンの切り方も塩の分量も人それぞれで・・・・

私は、レモンを輪切りにしてさらに4分の1にわりと小さくカット

容器に塩、レモン、塩、レモン、塩・・・と重ねていき、わりとぎゅうぎゅう詰めに上からフタで押し込んで、容器いっぱいにして作業は終了。

あとは、水分が出てきたら、毎日2~3回塩がまんべんなくいきわたる用に振る、振る、振る!

これを続ければ、約1ヶ月後には熟成したレモン塩が完成する・・・はずでした

3週間経って、まだちょっと早いかもと思いながら、どんな味なのか試したくなって、鍋のスープに投入してみることに・・・

すると!!う~ん、すっきり、さっぱりした味で・・・いや苦い、苦い後味が苦いんです。

きっと、私が途中で水分が少ないから均等に漬からないと思って、箸でいろいろと触ってしまったせいだ~

それで、皮の苦みが出てしまったんだ~

心配しすぎて手を出しすぎました。

何事も、やり過ぎはよくないですね。見守ってあげることも大切なんだと思いました。

あの苦みさえ和らげば、ほんと美味しいんですよね~

もう少し熟成がすすめば、苦みも緩和されるかな?

(写真の右はわたしのレモン塩、左は母が作った塩麹)